アグレッシブデザイン

紫外線対策を意識する季節になりました。

サイクルジャージには小麦色の肌がよく似合う、確かにそう。

でも、日焼けによる肌のダメージはサイクリストにとってマイナスしかありません。


日焼けをすればするほど、カラダは肌のリカバリーのために

エネルギーを必要としてしまい、肝心の運動の時に使うためのエネルギーが

日焼けの修復のために消費されてしまうのです。

ロングライドの後半、日焼けしすぎて疲労感でフラフラ、そんな経験ありませんか。


パフォーマンスアップのための日焼け止め、今やサイクリストのスタンダードです。


水でも落ちないのは当たり前、汗でも落ちない、「アグレッシブデザイン」。

ヨコハマ・サイクルスタイル2018でもサンプリング販売予定です!